ゲームルール・注意事項【必ずお読みください】当日の説明は基本的にありません。

ゲームルール(基本)

自由参加定例会(どなたでも参加できるゲームです)

赤、黄色のチームに分かれての15分間のフラッグ争奪戦です。
15分程の休憩をはさみ、スタート地点を入れ替えて再スタート。

(一日中、フルオート射撃可能)

ヒットで死亡(退場)、セフティーに戻る(復活はありません)。

フラッグとは、スタート地点にある緑色の箱です、中にブザーがあります、これを鳴らせば勝ちです。

ヒットとは、体、銃、装備の全てに1発でもBB弾が当たる事、プレイヤーは死亡状態となり退場します、これを無視するとゾンビ(違反行為)になります。




ゲームスタート前と終了後、またヒットされて退場する途中の発砲禁止

ゲームスタート前と終了後フィールドを退場するまでは発砲禁止です。

試し撃ちも含みます、作動確認等は【安全ゾーン】入場前の抜弾ボックスにて行って下さい。

ヒットされて帰る途中、またゲーム終了後退場の途中も発砲禁止、必ず【安全ゾーン】抜弾ボックスにて行って下さい。

★理由① 他のゲーマーさんは戦闘中です、あなたの発砲音でゲームが乱されます。

★理由② あなたが意味無く、山に向けて撃った山中にまだゲーマーさんがいるかもしれません【危険】。

ゲーム(フィールド)範囲

使用できる範囲は、山の中も含めて全周、黄色の虎ロープ内です。

砦(お城)の中は最上階まで使用可能、高所ですので乗り出し等危険行為禁止
(ただし審判、見学者が同席する場合があります)。

虎ロープの外は、大変危険な場所(獣のワナ等、崖)、また所有地外になります。

無題.jpg 

 

バリケード(遮蔽物)構造物

体当たり禁止、また銃のみを出して(入れて)目視せずに撃つ行為の禁止

ブラインドショットとも言います、銃口が他者の顔面に刺さる事故が起き危険です、絶対にお辞め下さい。

 

 ヒット(ゲーム上での死亡)判定

ゲーム中、次のいずれかの項目に該当した参加者を「ヒット(死亡)」とする。
BB弾が、直接、間接(跳弾など)を問わず自身の身体、衣服、装備、銃など身につけている全ての部位に着弾したと判断したとき。
敵味方問いません、自打弾もヒットです。

上のいずれかで「ヒット(死亡)」となった者は自己申告として以下のような行動を伴い、速やかにフィールドから退場して下さい。
大声で「ヒット!」(別の言葉は無効です)と叫びながら両手を挙げて立ち上がる
銃を両手で高く持ち上げ戦闘に不参加であることを明確にする
フィールドを出るまでゲームに不参加であることを主張する
ヒット者は戦闘中の射線を遮ること無く、可能な限り、フィールドの中央の舗装道を使ってセフテイーへ帰還。
また帰る途中の会話は厳禁です(敵の位置等の情報交換はルール違反=無線機含む)

フリーズコールは紛らわしい距離、場合があるので禁止です、痛くない装備等に射撃してあげて下さい。



fantasy_zombie_man.jpg


ゾンビ行為の禁止
「ヒット」されたゲーム参加者はすぐに「ヒット」宣言を行い、すぐに退場しなければなりません。
それを破る者(無視する者)をサバイバルゲームでは「ゾンビ」「ゾンビ行為」と呼びます
【戦闘の続行、射撃だけでなく、無線通信、敵の位置情報の伝達等の作戦行動、あるいはそれに類似する行為すべてを含みます。】
オーバーキル(過剰射撃)の禁止
「ヒット」宣言を行い、退場しょうとする参加者を確認しているにも関わらず更に過剰に射撃する行為をサバイバルゲームでは「オーバーキル」と呼びます
【特にフルオート射撃が可能で森深い当フィールドでは射撃音で「ヒット宣言」が聞こえにくく、森林の中では声、アピールともに射手が確認が出来ない場合があります。
相対する射手は注意して射撃して、ヒットされた方は大声とアピールを心がけて下さい。】

※ゾンビ、悪質なオーバーキル行為を目撃した場合、当事者同士で注意をするとトラブルの原因になりますので必ずスタッフまでお知らせください。
悪質な行為が発覚したときは運営スタッフの判断により、注意、警告または退場、追放の措置をとります。



安全規則
最重要事項
フィールド内及びシューティングレンジ内では必ずゴーグルを着用し入場して下さい。
ゴーグルはフルフェイスタイプを推奨し、完全に目元が覆われるタイプを御利用下さい。
シューティンググラス等は顔から脱落しない様に処置(バンド等)をして下さい。
※サバイバルゲーム専用強度(メッシュ可)を有するタイプのみ利用頂けます。
(使えない例)
・通常のスポーツサングラス、スキー用ゴーグル等。
・100円ショップ等の安価な安全グラス。
・ヘルメット等のバイザーのみ。
※スタッフにてお声がけさせて頂く場合があります。


マーカー(識別)規定
全員、両腕、上腕に帯状(幅1.8cm以上)のタイプを装着。
・紐(ヒモ)状、パッチタイプは不可
・無い方は受付にてビニールテープを無償で用意しております。


セフティー(休憩所)での安全規則
セフティーでは全ての銃はセフティーをON、マガジンを抜きとり、チャンバークリアーでいかなる状況でも弾が出ない状態にしなければならない。
机の上に銃を置かない、設置のガンスタンドもしくはガンケース内に収納。
作動確認等の空撃ちも厳禁です➡シューテングレンジで!

フィールドからセフティーに帰還時、マガジンを抜き、【安全ゾーン】に設置の抜弾BOXでチャンバークリアー、セフティーをON!
シューテングレンジからの帰還も同じです。
test.jpg

上記が出来ない銃(機関銃等)は、受付でマズルカバーを受取、装着。


暴言・暴力行為の禁止
利用者はいかなる場合も他の利用者、施設スタッフに対する暴言・暴力行為によって不快感を与えることを一切禁止します。
施設スタッフは上記に違反したと判断できる参加者に対して、注意、警告または追放の措置をとらせて頂きます。
例 ヒットの指摘、戦闘中の暴言(独り言を含む)
戦闘中の疑問疑惑行為、違法行為、トラブル等については当事者同士では無く必ずスタッフに連絡下さい。


無線機の使用

日本国の法律に準じた機種のみ使用可能。
ヒット者の敵の位置等の情報交換はルール違反
生存確認もルール違反です、違反発覚時チーム無線機当日没収。



銃器、装備品等の破損、また御自身の怪我等について
当フィールドでは一切の責任を負いません。
壊れて困るモノの持込、また保護は全て御自身の責任となります、サバイバルゲームの性質上、相手方様への賠償請求等はできません。
(例)光学機器等の保護(プロテクション)
(例)腕時計、スマホ、アクセサリー等の破損


落し物、忘れ物の保管期間
原則1か月(月締め)とさせて頂きます以降随時処分します、持物の管理には十分御注意ください。
ツィッターにアップさせて頂きますので発見時は御連絡下さい。
現地にて(原則1か月)、もしくは着払い送付にて返還させて頂きます。